このブログは湘南邸園文化祭2008[9/7〜12/7]のご案内 及び
湘南に残る邸宅・庭園や歴史的建造物を舞台にしたイベント等を紹介します。

2008年08月26日

茅ヶ崎会場

キックオフイベント

南佳孝 邸園ライブ文化の夕べ 
[事前申込制]

※事前申込を締め切らせていただきました。

明治期より、歌舞伎役者・映画人・ミュージシャンと代々文化が育まれてきた茅ヶ崎で、地域内外の方々に湘南らしい歴史的庭園と建築物の利活用を体感していただきます。

茅ヶ崎市在住の南佳孝さんによるスペシャルライブを、是非この機会にお楽しみ下さい。

日 程|9月7日(日)
時 間|18 : 00 開場 18 : 30 開演 
場 所|茅ヶ崎館
入場料|2,000 ( 軽食・ワンドリンク付 )
定 員|80 名
ご予約&|茅ヶ崎の文化景観を育む会
お問合せ|info@chi-bunkei.net tel 0467-98-1630 fax 0467-98-1630
主 催|茅ヶ崎の文化景観を育む会 http://www.chi-bunkei.net/


chigasakikan.jpg 
茅ヶ崎館

minami_yositaka.jpg
南佳孝(ギター)



茅ヶ崎館で観る徳富蘆花 原作『 不如帰 』映画上映会
[事前申込制]

※事前申込を締め切らせていただきました。

日本映画ゆかりの茅ヶ崎館で、文人: 徳富蘆花の名作『 不如帰 』をサイレントフィルムとトーキーにて上映します。この作品は逗子が舞台とされ、明治時代のベストセラーとなり舞台化・映画化されました。

活弁士の佐々木亜希子さんが、一部現存する貴重なフィルムでおとどけします。

日 程|11月3日(祝)
時 間|13 : 30 開場 14 : 00 開演
場 所|茅ヶ崎館
入場料|1,500円 ( ワンドリンク付 )
定 員|60 名
ご予約& | 同上
お問合せ    
主 催|茅ヶ崎の文化景観を育む会

hototogisu.jpg 
映画「不如帰」

sasaki_akiko.jpg
佐々木亜希子(活弁士)


chigasaki_map.jpg




同時開催

ちがさき文化景観祭’08

茅ヶ崎クリエーターズ・ウィーク


「茅ヶ崎らしさの継承と創造」をテーマに、茅ヶ崎で暮らすクリエーターが生み出す作品を中心とした企画展を、4 つの店舗で1 週間同時開催いたします。

今秋、茅ヶ崎がアートになる。

日 程|9月7日(日)〜14日(日)
お問合せ|info@chi-bunkei.net tel 0467-98-1630  fax 0467-98-1630
お申込・詳細については各店へ
主 催|茅ケ崎の文化景観を育む会 http://www.chi-bunkei.net/


<参加店舗>
@スポーティフ
(衣料品・雑貨・カフェ) tel 0467-87-0962
湘南在住の写真家によるテーマに即した写真展、も
のづくり作家による展示販売(食器、雑貨等)、加
山雄三氏による絵画展。

Aサザンアクセンツ(アンティーク雑貨) tel 0467-57-8185 
茅ヶ崎在住のアーティストによる作品(ジュエリー、靴、小
物) の展示販売。

Bグリオ(デザイン・雑貨) tel 0467-59-4862
オーナー自身がデザインする衣料の秋冬コレクション
展示販売。

C一閑(ギャラリー) tel 0467-82-7090    
茅ヶ崎らしい和風建築の中で、夜に和蝋燭のみの明かりの中での夜話と鉄のアート作品展。
「八ヶ岳の作家による鉄のアート展」 
   9|7|日|〜 13|土| 11 : 00 〜 17 : 00
「十五夜の夜に和蝋燭の灯りで聞く夜話」
   9|14|日| 18 : 00 〜 21 : 00
   ※テーマ「おもてなしの心」話し手 一閑主人
   ※会費2 千円(お菓子・お抹茶・お凌ぎ) 先着20 名限定





posted by stf at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | stf2008 茅ヶ崎での催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。