このブログは湘南邸園文化祭2008[9/7〜12/7]のご案内 及び
湘南に残る邸宅・庭園や歴史的建造物を舞台にしたイベント等を紹介します。

2008年11月23日

秋の鎌倉 鎌倉名邸園めぐり

秋の鎌倉 名邸園めぐり 開催!

雲ひとつない空の下、鎌倉の名邸園を巡るツアーが開催されました!

20081122鎌倉名邸園めぐり 116.JPG 20081122鎌倉名邸園めぐり 128.JPG

まずは鎌倉駅のすぐ近くにある古我邸。
広大な庭、重厚な洋館(鎌倉三大洋館のひとつ)を前に、
カーネギーホールでも演奏された経験がおありの川津哲也さんの草笛コンサートを開催。
個人的には広大な草原で遊んでいた子どもの頃の情景が浮かんできて、非常にすがすがしい気持ちになりました。

20081122鎌倉名邸園めぐり 138.JPG

つづいて旧里見邸。
内部の見学と、建築家久恒氏による建築についての解説、裏千家の森井先生一門の皆様に、お茶事の接待をしていただきました。

20081122鎌倉名邸園めぐり 144.JPG 20081122鎌倉名邸園めぐり 150.JPG

つづいて邸内に能舞台をお持ちの村上邸。
もうすぐ101歳を迎える邸主の村上梅子様より能管の演奏、
河津さんによる「越天楽」の演奏もしていただきました。

元気の秘訣は、ずっと欠かしていない能管のおけいこのようですよ。
嫌いな食べ物は何もないらしく、今はお肉がおいしいそうです!

あとはよく働くこと。
古我邸のご邸主も参加されておりましたが、
私もよく働きました♪と共感されてました。

20081122鎌倉名邸園めぐり 169.JPG 20081122鎌倉名邸園めぐり 172.JPG

最後は、薩摩琵琶奏者の坂麗水さんによる「遠干潟」。
演奏も素敵なのですが、お人柄も素晴らしい方です。

河津さんによる草を口の中に含んで吹く奏法(名前をわすれてしまいました)も薩摩で生まれた方法のようで、ここでも不思議につながりました。

9:30〜15:00まで盛りだくさんでしたが、
みなさん大満足vv


※11月22日に開催されたこの催しは、H&C財団「200年すまいまちづくり活動助成」のご支援を受けている鎌倉歴史的資産調査会(財団法人鎌倉風致保存会の部会)の協力をうけながら、鎌倉邸園文化クリエイションが企画運営したものです。湘南邸園文化祭2008とは別企画となります。

posted by stf at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 邸宅・庭園での催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110068216

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。